イタリア旅行の情報サイト!ポッソイタリア

イタリアではクレジットカードを使える店が多いのですが、小さなお店では使えないところもあるので、多少なりとも現金は必要です。ただ、あまり多額の現金を持ち歩くのは心配ですので、現地で自分の口座が使える国際キャッシュカードを持っておくと便利です。

しかし、クレジットカードの普及によってその役割が縮小しているためか、三井住友銀行や東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行の大手銀行が国際キャッシュカードの新規申し込み受付を終了しています。国際キャッシュカードが使える銀行が減っていますが、その代わりにVISAデビットカードが使える銀行が増えているので、それらを比較しながら紹介します。

VISAデビットカードって?

国際キャッシュカードは、銀行独自でキャッシュカードが海外で使えるようにしたものです。これに対して「VISAデビットカード機能付きキャッシュカード」は、各銀行がVISAデビットと提携をし「VISA」「PLAS」マークの付いた海外ATMで、自分の口座から現金が引き出せるようにしたものです。さらに、「VISA」マークのあるお店でキャッシュレスで買い物ができます(もちろん国内でも使用可能です)。

お買い物をするたびに引き落としされるので、銀行口座の残高以上に使い過ぎる心配がなく、クレジットカードが苦手な方にもおすすめです。

各銀行によって手数料や年会費、特典などが違うので、自分に合ったものを選んでください。

【VISAデビットカードURL】http://www.visa-news.jp/debit/

国際キャッシュカード比較

国際キャッシュカードを現在申込みできるのは3社です。MoneyT GlobalはJTBが行っているサービスで、口座開設の必要がない特殊なカードです。

銀行(サイトURL) 新生銀行 CITYバンク バンキングカード MoneyT Global
レート・手数料 VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したレートにより円換算 提携機関が定めたレートで米ドルに換算された金額に、3%を乗じて円貨を算出 4%
引出手数料 無料 210円 200円
残高照会 無料 無料 100円
会費・口座管理手数料 無料 口座残高50万円以下は月額2,100円 無料だが、カード発行手数料525円が必要
ATM引き出し限度額/1日 原則10万円 初期設定10万円、最大50万円 1回10万円(1日の限度額は不明)
カード発行までの期間 ネット・電話申し込み:1~2週間
店舗:即日
2週間程度 ネット申込みで8~10日
ATM
(提携先)
PLUS PLUS銀聯 VISA PLUS

※記事作成時の情報です。
※利用するCD・ATMによっては、設置金融機関独自の使用料がかかる場合があります。

VISAデビットカード比較

以下が、現在申し込み可能な銀行です。とても人気のあるサービスなので、今後提携する銀行は増えるでしょう。

銀行(サイトURL) スルガ銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 りそな銀行(埼玉りそな銀行) あおぞら銀行
レート・手数料 VISAインターナショナルが定めたレートに3%を加算したレートにより円換算 VISAインターナショナルが定めたレートに2.94%を加算したレートにより円換算 VISAインターナショナルが定めたレートに2.94%を加算したレートにより円換算 VISAインターナショナルが定めたレートに2.5%を加算したレートにより円換算 VISAインターナショナルが定めたレートに2.5%を加算したレートにより円換算
引出手数料 210円 無料 無料 無料 210円
会費・口座管理手数料 無料 年間1,000円
(ゴールドは3,000円)
無料 <オリジナル>年会費 525円(初年度無料)
<JMB>年会費 1000円(初年度無料)
無料
1日あたりの利用限度額 原則30万円 原則20万円 ショッピングと合算して最大100万円 ショッピングと合算して最大50万円 20万円
最大50万円
VISAデビットカードショッピング限度額/1日 原則100万円 ATMと合算して最大20万 ATMと合算して最大100万円 ATMと合算して最大50万円 200万
ATM
(提携先)
VISA PLUS

※記事作成時の情報です。
※利用するCD・ATMによっては、設置金融機関独自の使用料がかかる場合があります。

埼玉りそな銀行は、りそな銀行の<オリジナル>と同じ内容なのでまとめて表記しています。特典が違いますので、下記で確認してください。

どのカードにするか?

どのカードにするかは、ご自身のライフスタイルで選んでください。

例えば、楽天やりそな銀行は年会費がかかりますが、引出手数料が無料でレートにかかる手数料も安いため、頻繁に海外旅行に行く方や長期滞在する留学生さんでATMを使う回数が多い場合にはおすすめです。限度額も多いほうが安心でしょう。

ショッピングについては、やはりクレジットカード(例:三井住友VISAカード レート×1.63%)が一番お得になります。クレジットカードでもキャッシングが可能なものなら、金利がかかりますが緊急の時には十分対応できます。

私は海外旅行に行く頻度は多くないため、年会費のない新生銀行を利用しています。レートにかかる手数料が一番高いですが、少額しか引き出さないので、それほど割高には感じていません。買い物はほとんどクレジットカードで済ませています。

ですが、何かしらマイルが貯まってキャッシュバックがあるスルガ銀行ANA支店のVISAデビットカードも、個人的に魅力を感じてます。次回の旅行までに、準備しておこうかなーって考えてます。

VISAデビットカードは各銀行に特典が用意されているので、特典で決めてもいいですね。

スルガ銀行 年間利用金額の0.2%キャッシュバック(ANA支店はマイルが貯まるなど、申し込むインターネット支店によって口座に特徴がある)。
楽天銀行 1,000円利用につき2ポイントの楽天スーパーポイント付与。盗難保険付き。ゴールドは1,000円利用につき5ポイント付与。盗難保険、ショッピング保険付き。
ジャパンネット銀行 キャッシュモール経由のショッピングで1%キャッシュバック。そのほか、期間限定キャンペーンあり。
りそな銀行 りそなVisaデビットカード<オリジナル>との2種類のVISAデビットカードがある。<オリジナル>ショッピング利用金額1,000円ごとに5ポイントのりそなクラブポイント付与。ショッピング利用金額200円ごとに1マイルたまる。ショッピング保険付き。
埼玉りそな銀行 ショッピング利用金額1,000円ごとに5ポイントの埼玉りそなクラブポイント付与。
あおぞら銀行 ショッピング利用金額の0.25%を年2回キャッシュバック。

※記事作成時の情報です。

■一番早く手に入れられるのは新生銀行の店舗申し込み

出発まであまり時間がない方は、新生銀行の店舗申し込みにしてください。即日発行が可能でキャッシュカードがそのまま海外で使えます。

VISAデビットカードは口座を開いてからカードが届くまで1~2週間かかります。さらに、最近はとても人気があって申し込みが殺到しているので、3~4週間かかる場合もあるそうです(詳しくは、各銀行窓口に確認してください)。

■その他注意事項

海外で利用するATM独自の手数料がかかる場合があります。また、現地での再発行は難しく、できない銀行が多いため紛失・盗難にはご注意ください。ATMでカードが飲み込まれることもあります。

旅行前に1日の限度額を確認して、必要なら限度額を変更してください。帰国してからは限度額を0にしておくと安心ですよ。

以上は記事作成時の内容なので、必ず公式ホームページで最新の情報を確認してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加